土地の査定と売却を効率良く行う媒介契約

 

土地を売る時に必要なのが不動産業者による査定です。
その土地が一体いくらの価値があり、いくらで売れるのか一番気になるところです。
売却価格が出たら、実際に買主を探してくれる不動産業者を探し、媒介契約を結びます。
媒介契約にはいくつか種類があって、一般媒介契約、専任媒介契約から選びます。
一般媒介契約は複数の不動産業者と契約を結ぶことができて、競争して買主を探してもらうことができるのが魅力です。
これなら早く買主を見つけたいという場合にも最適です。
また、専任媒介契約は一社とのみ契約をするもので、買主探しの経過報告の義務が有るため、一生懸命探してくれるという話もあります。
専任媒介契約の中でも、専属専任媒介契約は売主も買主を探すことができないというものです。
このような契約を結ぶ不動産業者は、自分と相性の良い営業を持つほかの業者を選んでも構わないことになっています。
良い不動産業者との出会いがスピーディーな売却につながるのです。