クレジットの現金化とは

 

借金のためにお金を作る方法として、クレジットカードの現金化、というものがあります。
クレジットカードで高額の例えばパソコンなどを購入します。
これを引き取ってもらって、現金を手にするというものです。
例えば、クレジットカードで30万円のパソコンを購入したとします。
それを現金化して20万円を手にしたとします。
ただ、その時はまとまった金額を手にしたかもしれませんが、クレジットカード会社からは30万円の請求が届くわけです。
すでに商品も手元になく、20万円も使ってしまったとすれば、手元には30万円の新たな借金しか残らないということになります。
また、現金化を目的でクレジットカードを使ったとなると、犯罪としてクレジットカード会社から訴えられることも考えられます。
借金の返済をなんとかしたいのであれば、こんな手段を使わずに弁護士などに相談することです。

最近のマンション売却事情

 

私の家では小さなマンションをいくつか所有していてそれをどう売却しようか家族で悩んでいるところです。
私自身も色々と調べてみたのですが最近ではネットでマンションの売却の見積もりが出せるとか。
いろいろ調べていると毎月を依頼する業者によって査定金額は結構変わるみたいので慎重になろうと思わされます。

最終的に賢く得るための方法としてはマンション売却のための一括査定サービスを使うのがいいみたいです。
ひとつのサイトでも申し込みをすると提携している業者さんに一括見積もりを依頼できるみたいで、その中から高い見積金額を出した業者に依頼をするのが良いみたいです。
マンションではなく、自宅の売却ならこのサイトが詳しいです。

家を売る際に失敗しない為の3つの注意点

 


土地の査定と売却を効率良く行う媒介契約

 

土地を売る時に必要なのが不動産業者による査定です。
その土地が一体いくらの価値があり、いくらで売れるのか一番気になるところです。
売却価格が出たら、実際に買主を探してくれる不動産業者を探し、媒介契約を結びます。
媒介契約にはいくつか種類があって、一般媒介契約、専任媒介契約から選びます。
一般媒介契約は複数の不動産業者と契約を結ぶことができて、競争して買主を探してもらうことができるのが魅力です。
これなら早く買主を見つけたいという場合にも最適です。
また、専任媒介契約は一社とのみ契約をするもので、買主探しの経過報告の義務が有るため、一生懸命探してくれるという話もあります。
専任媒介契約の中でも、専属専任媒介契約は売主も買主を探すことができないというものです。
このような契約を結ぶ不動産業者は、自分と相性の良い営業を持つほかの業者を選んでも構わないことになっています。
良い不動産業者との出会いがスピーディーな売却につながるのです。